18歳ではじめる、所得控除の独学勉強法

2019-08-09

所得控除の勉強法イメージ画像

 税理士やFPになる予定はない。役所の税務担当でもない。何事もプロにはプロの、そうでない人にはそうでない人の勉強法が必要だ。おカネのプロではないイチ社会人が、ジブンの力で所得税の節税ができるようになる手助けをするのがこのページだよ。

このページで想定する読者は会社員(契約社員やアルバイトも含む)や公務員として常時雇用され報酬を得ている人です。また勤め先のことを総称として「会社」と表現しています。

所得控除を身につけるロードマップ。

最終ゴール

ジブンや家族、友人の所得税を節税するノウハウを手に入れる。

プロセス(1):節税テクのひとつ「所得控除」の全体像を把握する。

プロセス(2):14種類ある「所得控除」。それぞれの特徴や違いを知る。

プロセス(3):所得控除を実践してみる。

 最終ゴールは所得控除によって所得税を節税すること。それもジブンだけじゃなく家族や友人にアドバイスできるまでになったらすごいよね。ゴールへ向かうロードマップを作ってみた。

 ここからはプロセス(1)に取り組んでみよう。

税金を少なくする所得控除の仕組み。

 まず節税をする方法がいくつあるかをを見てみよう。下図、オレンジ色の①~③が節税をするタイミングだよ。

所得控除を含む節税のフロー

 所得控除はふたつ目にあるね。極端な言い方をすると所得控除とは所得税の割引制度だ。各人の事情や使ったおカネの目的によっては所得に税金をかけず手元におカネが残るようにしてくれる。たとえば配偶者や扶養家族がいるとその分おカネが必要になるよね。ジブンや家族に障害があったり、ひとり親で子どもを育てていたりする場合はおカネがより必要になる。例外はあるが最低限の生活を送るために各人の事情を考慮して税金を取りすぎないようにする、という考え方が所得控除のベースにある。

給与収入は所得控除が最大の節税ポイント。

 ところで3つあった節税箇所の残りふたつについてだが、給与収入だけの人は①の「経費」は手の出しようがほぼない。個人の事情を考慮されることなく収入から自動的に経費(給与所得控除額)がはじき出されてしまう。③の「税額控除」は少し可能性がある。株・住宅購入・寄付のどれかひとつでも思い当たる(あるいはこれからやってみたい!)のであれば税額控除もおいおい覚えた方がいいだろう。

 所得控除は14種類もある。絶対に誰にでも該当する所得控除だってある。まぁ、たいていそういったものは会社の協力もあって申告漏れすることはないんだけどね。なかには会社が知らないこともあるからやっぱり自己責任でやらなければならないんだ。ちなみに所得控除は年末調整と確定申告のどちらかですることになる。個別の所得控除に進む前に、少し寄り道して年末調整と確定申告に触れておくとここから先の理解がスムーズになるからおすすめだよ。

14種類の「所得控除」を予習する簡単チェックシート。

 下の表はこれから所得控除を学ぶ人にとってはその目次みたいなものだ。だからこれを見て「あぁ、しんどい。もうやめよう」なんて思わないでね。ちょっと見るだけでもジブンに関係が深そうなものとそうでないものの違いがわかるはずだ。特に関係が深そうなものをピックアップして、まずはその所得控除をきちんと理解しよう。今すぐ必要ないものはムリして覚えなくても、本当に必要なシーンになったときにたったひとつでも理解した所得控除があればその応用としてスムーズに入っていけるはずだ。

所得控除名称適用の可能性がある主なケース申告のタイミング
基礎控除個人の合計所得金額が2500万円以下の場合。年末調整
配偶者控除合計所得金額が38万円以下の配偶者がいる場合。年末調整
配偶者特別控除合計所得金額が38万円超123万円以下の配偶者がいる場合。 年末調整
扶養控除合計所得金額が38万円以下の扶養親族がいる場合。年末調整
障害者控除ジブンまたは配偶者、親族が障害者である場合。年末調整
寡婦控除・寡夫控除ひとり親で子どもを育てている場合。年末調整
勤労学生控除学生の場合。年末調整
社会保険料控除社会保険料を支払った場合。ほぼ適用される。年末調整
生命保険料控除生命保険料に加入している場合。年末調整
地震保険料控除地震保険料に加入している場合。年末調整
小規模企業共済等掛金控除確定拠出年金に加入している場合。年末調整
医療費控除医療費をかなりの額支払っている場合。確定申告
雑損控除災害や盗難などにあった場合。確定申告
寄付金控除寄付をした場合。確定申告

まとめ:ゴールへ向けてこの後にすること。

 このページでは所得控除の全体像を眺めることに注力した。所得控除がなぜ節税になるのか。今のキミならわかるよね。もしかしたら所得税率や税額控除など別のことにも興味を持ったかもしれない。だってどっちも節税にすごく関係があることだから。それらはまた別の機会に説明することにしょう。

 これから先は14種類の所得控除をそれぞれ調べる作業だ。すべてにたいしてフラットな姿勢で取り組むと…、きっと途中で嫌になる。あまり実感を持てない控除もなかにはあるからね。どこから始めるか迷っているならまず「扶養控除」と「生命保険料控除」をおすすめする。将来的に該当する可能性が高いし、ほかの控除を覚えるときのひな型として使いやすいんだ。