所得税の3つの「いつ」を解決。いつ払う? いつ決まる? いつの分?

 所得税には気になる「いつ?」が少なくとも3つある。まず、いつ払うのか。この記事では所得税を払う3つのタイミングを紹介するよ。このタイミングが整理されれば「いつの分の所得税を」「いつ払うのか」。またその額は「いつ決まっているのか」もクリアになるはずだ。タイミングによって、所得税は払うのではなく戻ってくることもあるよ!

このページで想定する読者は会社員(契約社員やアルバイトも含む)や公務員として常時雇用され報酬を得ている人です。また勤め先のことを総称として「会社」と表現しています。

いつ?① 毎月の給与日に払う所得税/源泉徴収

  • いつ決まる? … その月の給料が決まったとき
  • いつの分? … その月の給料の分
  • 正確度 … 75%くらい

 毎月の給与日に源泉徴収という形で所得税は引かれる。1月と2月で給与に差があればその差も反映された額になっているはずだ。また同じ給与でも人によって徴収額が変わることがある。これはその人に扶養家族がいるかいないか、いるなら何人いるのかが、源泉徴収するときに考慮されているからだ。

 源泉徴収されている所得税の特徴は、実際より多めに徴収されることが多いという点だ。

 また、賞与が出たときも給与と同様の考え方(計算のし方は少し変わる)で、所得税は源泉徴収される。

いつ?② 12月の給与日に戻ってくる所得税/年末調整

  • いつ決まる? … 年末調整を終えたとき
  • いつの分? … その年の収入の分
  • 正確度 … 95%くらい

 源泉徴収は都度の所得に対して行われているが、最終的な所得税額は1年(1月1日から12月31日)を単位に決定する。年末調整はこれまで月単位で行ってきた所得税を年間単位で計算しなおすためのだ。

 月単位では考慮されていなかった所得控除が加わることもあり、年末調整は毎月の源泉徴収で多めに徴収した分を清算する作業になることが多い。だから年末調整は払うのではなく、所得税が戻ってくる機会になることがほとんどなんだ。

  給与所得者は一部の確定申告が必要な人を除き、この年末調整で、その年の所得税額と納付が完了する。

いつ?③ 翌年の3月15日に戻ってくる(払う)所得税/確定申告

  • いつ決まる? … 確定申告を終えたとき(締め切りは翌年の3月15日)
  • いつの分 … その年の収入の分
  • 正確度 … 100%

 給与所得者でも確定申告が必要になるケースがある。確定申告をするということは、年末調整の時点ではその年の所得税額等が決定していないということだ。

 確定申告をすることでは税金が戻ってくる人もいれば、反対に追加で納付しなければならない人もいる。

 確定申告を終えると、その年の分の所得税額が最終決定し納付も完了したことになる(所得税が戻ってくる人の場合は、4月中旬ごろの還付をもって完了となる)。

源泉徴収の事前準備

 毎月の給与に対する源泉徴収の額をより正確にするため、事前準備としてその年の最初の給与日より前に会社に「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出する。この申告をすることで、扶養控除が考慮された源泉徴収が行われる。前年の年末調整のときにこの申告書の提出を求める会社が多い。

年末調整で確認すること

 数年間サラリーマンをやっていても年末調整のことがちんぷんかんぷんという人も多い。端的に言うと、年末調整は源泉徴収された所得税が払いすぎになっていないか確認するところ。そのため次のようなプライベートな状況、支出などを年末調整用の書面で回答する必要がある。代表的な項目は次のようなものだ。

  • 配偶者がいて、その生活を支えている(扶養している)か。
  • 16歳以上の子どもや両親などがいて、その生活を支えているか(扶養しているか)。
  • ひとり親かどうか。
  • 生命保険料への支払いがあったか。
  • 地震保険への支払いがあったか。
  • iDeCoの掛金への支払いがあったか。

確定申告をする必要があるサラリーマン

 次の条件に該当するサラリーマンは確定申告を終えるまで所得税のいつ?が確定しない。

  • 年収が2,000万円を超えている。
  • 給料以外の所得(副業など)が20万円以上ある。
  • 住宅ローン控除を受ける(初年度のみ確定申告が必要)。
  • 1年間で支払った医療費が高額でその控除を申請する(医療費控除)。
  • 災害や盗難などで財産を失った(雑損控除)。
  • 特定寄付金を支出した(寄付金控除)。
執筆者紹介

鈴木玲
ファイナンシャルプランナー

記事内の情報は作成日または更新日時点のものとなるように配慮していますが、最新の情報は必ずご自身でもご確認ください。また、本サイトの免責事項もご覧いただけますようお願いいたします。